電話占いで全く当たっていなかった時はどうすればいいのか?

電話占いに依頼したけどまったく当たっていなかった場合はどうすればいいのか? - 男性よりも女性の方が占い好きが多い理由

男性よりも女性の方が占い好きが多い理由

電話占いに限らず、何度も占いを利用しているといつの間にか占い依存症になってしまう人は少なからずいるようです。
特に女性は依存症になる確率が高いとされます。
電話占いを利用する人の中には、依存症になってしまい300万円以上のお金を電話占いにつぎ込んでしまったという人もいるくらいです。

男性よりも女性の方が占い好きが多いのはなぜ?

女性向け雑誌の最後の方にはだいたい占いがついていますよね。
このことからも占い好きの女性がいかに多いかがわかります。
なぜ、女性は占いが好きな人が多いのでしょうか。
依存症ではない女性は「前向きな未来が書いてあるだけでなんとなく幸せな気持ちになれる」「当たっている気がする」「女子同士の会話の種になる」と科学的根拠がなくても占いを楽しむことができるのです。
一方男性は、「科学的根拠がないことを信じることができない」「占いに支配されるのを嫌う」傾向が強く占いに興味すら持たない人が多いです。
これは男女の脳の違いなので仕方ありませんが、占いを楽しむだけではなく依存症になってしまう女性にはそれなりの問題が発生しています。

占い依存症に陥る女性の特徴

依存症にまでなってしまうともう楽しんでいるわけではなく、占いがないと生きていけない状況になってしまっています。
こうなってしまう女性の特徴とは何なのでしょう。
一つは「大きな悩み事を抱えている」ことがあります。
ほとんどの場合はここから始まりますが、不倫、浮気、難しい恋、離婚など恋愛に関する大きな悩みを抱えている人ほど占いにのめり込む傾向が強いようです。
自分の不安を軽減させるために繰り返し占いを利用します。
「理想が高く、行動ができない」このような人も過剰に縁起を担いだり、迷信を信じやすく占い依存症になりやすいといえます。

関連する記事