電話占いで全く当たっていなかった時はどうすればいいのか?

電話占いに依頼したけどまったく当たっていなかった場合はどうすればいいのか? - 電話占いをする際の心構え

電話占いをする際の心構え

占いに依存している人やハマってしまった人は、占いの結果を鵜呑みにする傾向がありますが、これは危険ですし、もともとの占いの効果的な利用方法とではありません。
電話占いを利用する際の心構えとして知っておいていただきたいことを挙げておきます。

占いは基本的に自己責任

「当たる」「当たらない」ということは占いにおいて出てくることですが、占いとは一つのものの見方です。
様々な占いの手法がありますが、同じ状況だからと言って全ての手法で同じ占い結果が出るということはまずありません。
なぜなら、その見方を利用してアドバイスするのは占い師という生身の人間であり、そこには占い師の意思や気持ちが多少なりと入るからです。
自分に合った占い師を見つけて相談することは良いことですが、全てを鵜呑みにしてしまうのではなく自分自身への「一つのアドバイス」だと思って受け入れる気持ちを持つことが大切です。
当たらないと思った時はその占い師が合わなかったということ。
人間同士なので友情や恋愛同様に相手の話し方や態度が合う合わないはどうしてもあります。
電話占いを利用する際には、あくまでも自分に合うアドバイザーを探すという観点から利用する方が良いでしょう。

料金関係で揉めないように意思疎通はしっかりと

過度の期待を持って電話占いを利用した結果「全然当たらなくて騙された」と感じる人もいるようです。
電話占いも1分単位で料金が発生しますので、そのあたりで意思疎通が取れておらず思ったより高額になってしまい後悔したなどということがないように確認をしっかりしておきましょう。
心配であれば前払い制のところを利用するなど、予防線は自分で張っておくことです。

関連する記事